ノンケ リーマン 日高ショーコ

日高ショーコ【嵐のように心が騒ぐ大人の恋】BL 漫画 おすすめ

投稿日:

スーツ男子の本気の恋に萌える

嵐のあと
著者:日高ショーコ
無料立ち読みもあるよ

輸入インテリア会社社長の榊は、男同士のドライな恋愛関係に満足していた。だから、取引先の担当者・岡田の事も本気になるはずはなかったのに……。切ない恋が胸に迫る大人の純愛ラブストーリー

大人気作家、日高ショーコさんの作品はいくつか読んだ事がありますが、印象深いこちらの作品を紹介いたします。

スピンオフで異なるカップルで何冊か出されています。シグナル⇒嵐のあと⇒初恋のあとさき⇒After。

『嵐のあと』は単独でも不足なく楽しめる内容です。

社会人のスーツが似合う男子二人の恋模様。丁寧な心理描写でゲイで現実的で冷めたタイプのはずの榊が、一目ぼれした取引先のノンケの岡田に惹きこまれていく様がドキドキします。嵐のように心が騒ぐ大人の恋。

 

キスのあとの榊の台詞

岡田さん、俺、普段ノンケには手を出さないんだけど
あなたにスキがあったし俺の好みだったので
ちょっと魔が差しました

岡田は女の子にもモテるタイプだけどあまり深く物事考えない今時の男子と言った感じ。榊のインテリアのセンスに対し以前から憧れを抱いている。仕事も出来、スーツもかっこよく着こなしてるけど、片付けが苦手で学生時代からの汚部屋に住んでいる。榊とは全然違うタイプ。

足元から湧き上がる感情の嵐に揺れる恋心を、じっとやり過ごそうと堪えても、どうしようもなく岡田に惹かれてしまう。

辛らつで性格もいいとはいえない榊だけど、好きな人の前では臆病なところが可愛く見えてしまうではないですか。大人でも本気の恋の前では今までの経験なんてまっさらになって、新しいキャンパスに最初のひと筆を描くのを戸惑ってしまうものなのですね。

榊のトラウマ

学生の時、初めて本気で好きになったヤツがいた
彼はゲイじゃなくて、いいヤツだったけど言えなかった。
彼の目の中に嫌悪感が浮かぶことをただ恐れた
今までの関係を壊してしまうことに耐えられなかった
笑う目許が、口許が…
ほんの少しでも歪むところを見たくなかった

強く揺れる気持ちも
いつか静まる
学生時代(あの時)がそうだったように

身体も込みの軽いゲイ友達の美山にも、さんざんノンケに手を出したら痛い目に会うと忠告を受ける榊。この脇役で登場する美山が次の作品『初恋のあとさき』主人公になるのですが、これはこれでまたとてもいい作品でして、次回取り上げたいと思います。『嵐のあと』では徹底的にノンケを敵視している美山の昔のトラウマが明かされて、とても面白いです。

ノンケの岡田だって、深く考えるタイプではなくても、初めての男相手に戸惑いはあるのだけど、直感に素直に身を任せる。素直と言うか天然と言うか、そこがまた魅力的なんだけど。榊が惚れちゃうのが納得のいくキャラです。

二人とも仕事はやり手、それぞれ雰囲気があるいい男二人の大人の恋愛は萌えますね。繰り返し読むと、読むたびに新しい発見がじわじわとある。この作者さんは台詞回しがとても上手く、ストーリーもリアリティがあります。タイトルの『嵐のあと』に絡めた心理描写がところどころにあってセンスあるなと感心。

榊の会社の女子社員はみんな、榊も美山もゲイだと知っているんだけど、女子ってシビアだなと苦笑いさせられます。

美山と榊が別れたのではないかと噂する女子の会話

女子社員の井戸端会議

あそこがフリーになったところでウチらには関係ないもん

女子は現実的ですね~。もんもんと恋愛に悩んでいる榊と対照的過ぎる。でも、ゲイの社長をわりとすんなり受け入れているところも女子ならではの柔軟さと言うか…。

初めての夜を迎えるところまでで、まだまだ二人の関係が始まったところ…までのお話ですが、もっともっとその後の二人を追いかけたくなります。そんな読後感。

男が初めての岡田。ノンケが初めての榊。

 

初めての夜で岡田の台詞

男に…触れられるのなんて初めてで
少しくらいぎこちないのは勘弁してよ

初めての夜で榊の台詞

俺もノンケに手を出したのは初めてだ

じゃあ、同じだね。榊も同じならいいやと身を任せる岡田とのラブシーンは大人の色香に包まれております。

そんな幸せな情事のあとの朝、榊の脳裏には呪縛のようにノンケの岡田の気が変わったらどうしようという不安は脳裏をかすめるのだけれど、でもたった今手に入れた愛しい人の自分を見つめる瞳に囚われると…わかっていてもどうにもならない感情にあがらえない。

惚れた弱みってやつでしょうか。不安な気持ちが、コンビニから帰った榊に「おかえり」と迎えてくれる岡田の一言で吹き飛んでしまう。

嵐のように心が騒ぐ大人の恋。前途多難な予感。

でも、誰かを愛する喜びがひたひたと溢れてくる素敵なお話です。戸惑いがあっても恋は自分の思惑とは別に嵐のように吹き抜けていく。大人の男達の葛藤が切なく胸に響きます。

次にその本気に翻弄されるのは美山君ですが、それはまた別のお話。

スピンオフで色々な人間関係が絡み合って、広がっていく様がそれぞれの物語に深みを与えてくれます。まずはひとつ目の扉を開けてみませんか?

嵐のあと 無料立ち読みもあるよ

-ノンケ, リーマン, 日高ショーコ

Copyright© BL 漫画  ケロの厳選おすすめ&感想通信 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.